MacでPythonの開発環境を整えよう!

目次

はじめに

前に,

の前半で, Pythonのついて触れました. ここでは

MacにおけるPythonのインストールとその基本的な使い方

を説明していきます.

これから, 次のような流れでPythonをインストールしていきます.

STEP

HomebrewはMacのCUIパッケージ管理ツールです.

CUIアプリ(ターミナルなどのように, キーボードを用いて文字のみで処理を行うアプリケーションのこと)のインストールやアップデートが簡単に行えます.

STEP

今回はこれを入れることが目的です. Python3系をインストールします.

STEP

テキストエディタ.

Pythonを動かすことができるテキストエディタは数多く存在します. どのようなものでもよいのですが, 迷っているなら, Atomがおすすめ. さまざまなパッケージがあり自分用にカスタマイズできます.

STEP

実際に簡単なコードを用いて, Pythonを動かしてみます.

その前にPythonについて少し触れます.

Pythonについて

Pythonはオブジェクト指向のインタプリタ言語で, 可読性が高く学びやすいプログラミング言語です.

私が勉強を始めたのは10年以上前だったと思います.

日本ではPythonはそこまで普及もしていませんでした. 私はプログラミングが本業ではありませんが, その頃はwxPythonでwindowsアプリを作り, 使用していました.

その頃出版されていた日本語の本と言えば,

くらいです. (当時はまだ第3版だったような) 今は本当に数が増えましたよ. 勉強しやすくてうらやましい環境です.

当時は, Rubyの勢力が強く日本では特に好まれてました. 実際, Rubyの開発者は日本人ですし, 日本語処理なんかはRubyが優れていると思います. また, Ruby on Railsも勢いがありました.

Python3でUnicodeを用いるようになってから楽になりましたが, Python2系のテキストデータとバイナリデータの混乱は今も忘れられません.

2系のPythonの場合, Windowsで入力してもらい, 内部で処理して吐き出すなんて作業は本当に大変でした. 何度もコードが止まっては英語のサイトを読むみたいな日々が続きました.

最近はPythonに対する興味は失ってないものの, 忙しくてあまり触れていません. そもそも本業ではないので, なかなか時間も取れずに悲しくなります.

また, 次に勉強するならSwift(SwiftUIが出て興味が湧きました. )かなと思っているので, Pythonの勉強再開は少し先になりそうかも.

Homebrewをインストールする

Homebrew

HomebrewはMacのCUIパッケージ管理ツールです. 今回はこれでPythonの管理を行います.

Homebrewのインストールはこちらにまとめましたので, ご覧ください.

Python3をインストールする

ここではPhthon3.7をインストールします.

Pythonのインストールは, Homebrewを使えば, コマンド1つ

brew install python

で行うことができます.

現在では, Homebrewでのインストールはバージョンを指定しなくても3系が入ります. Python2系はサポートも終了してますからね.

Pierrotのアイコン画像Pierrot

Pythonのインストールはすごく簡単です. びっくりしています. 昔はインストールといえば,
1. Pythonの公式サイトにいく
2. インストーラーをダウンロードする
3. インストーラーにしたがってインストールをしていく
ようなイメージがありました.
この作業も大変ではありませんが, それでも
brew install python
の一言の前にはかすんで見えます.

本当に入ったの?と思うくらいすぐにインストールが終わります.

Pierrotのアイコン画像Pierrot

感激(>_<)

python3 -V

でPythonのバージョンが返されれば, インストール成功です.

Pierrotのアイコン画像Pierrot

pythonと指定すれば2系で動き, python3と指定すれば3系で動きます.
便利過ぎます, これ.

番外編:pip3をインストールする

pip3はPythonのパッケージ管理ツールです.

Pierrotのアイコン画像Pierrot

pipの本来の名前は「pip」ですが, Python3系のコマンドの際は「pip3」と入れます.
ここでは誤解がないよう, すべて「pip3」という名前で呼びました.

HomebrewからPythonをインストールすれば,

pip

にあるようにpip3も同時にインストールされます. 試しに, ターミナルで,

pip3 -V

と入れてみてください. pip3のバージョンが返されるはずです.

念のため, pip3のインストール方法にも触れておきます. pipは,

https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

より, pyファイルをダウンロードし, 適当なディレクトリ(デスクトップなど)に保存してください. その後, ターミナルでそのディレクトリに移ります. get-pip.pyの置き場所がデスクトップであれば,

 cd /Users/(UserName)/Desktop

でディレクトリの移動ができます. (お使いの環境によっては上の表記とは違います. ) そこで,

python3 get-pip.py

を実行すれば, pip3のインストールが始まります.

pip3自体をアップデートする場合は,

pip3 install --upgrade pip

で可能です. その他の使い方ははじめに紹介したpip3のユーザーガイドをご覧ください.

Atomをインストールする

Atom

Atomはテキストエディタです. Pythonを動かすことができるテキストエディタはたくさんありますが, その中でもAtomがおすすめです.

Atomのインストールはこちらをご覧ください.

AtomをPythonが使えるように初期設定する

atom-python-runをインストールする

AtomでPythonを実行させるために, Atomのパッケージ

先ほどインストールしたAtomを起動させます.

他のアプリと同じように起動できます. また, ターミナルでatomと打てば起動できます.

それでは, atom-python-runというAtomのパッケージを入れてみましょう.

  1. Install a Packageを選択
  2. Open Installerを選択
Atom
  1. 検索欄で「atom python run」を検索します
  2. Installを選択し, 「atom-python-run」をインストールします
Atom

インストールはこれで終了です.

「Atom」→「環境設定」→「インストール」からでもパッケージのインストールができます.

F5を押すとプログラムを実行することができます

atom-python-runの初期設定

基本はこのままでよいのですが, 初期設定だとPython2系が動いてします. 3系が動くように, 1ヶ所だけ変更しておきます.

「Atom」→「環境設定」→「パッケージ」→「auto-python-run」の「設定」

に進みます.

Atom
Atom

F5 Command

python {file} → python3 {file}

に変更しておきます. これでF5を押せば, Python3系が実行されます.

AtomでPython3を使ってみよう

ここでは実際にPythonを動かしてみます.

Atomを起動し, 「ファイル」→「新規ファイル」で新しいファイルを作成しましょう.

Atom

新規作成したファイルに, 次の1行を書き込みます.

print('Hello, Python!')
Pierrotのアイコン画像Pierrot

そう言えば, Python3からはprintが関数になっていましたね. 2系では,
print ‘Hello, Python!’ と書いていました.

Atom

適当な場所に「sample.py」という名前で保存しましょう. 拡張子も忘れずにつけてください.

Atom
pyファイルとして保存すると強調表示されます

ファイルを保存したあとにPythonを実行する(F5を押す)と, プログラムが実行され, 「Hello, Python!」が出てきます.

Atom

その他のおすすめ

Anaconda

Pythonをインストールして, 次にSciPy, Numpyなどのパッケージをインストールしてというのはとても大変です. それを一括して行えるのがAnacondaです.

Anacondaには

などのパッケージが最初から含まれており, Pythonのインストールと一緒によく使うパッケージもインストールされます.

PyCharm

PyCharmはPython用の統合開発環境. かなり高機能. Homebrewからインストールも可能です.

Pyhonを本格的に扱いたいのであれば, PyCharmはおすすめです.

ただ, Professional版(有償)です. Community版(無償)もありますが, できることが限られてきます.

これ以外にも教育機関等で使えるEducational版があり, こちらは無償でProfessional版の機能を有しています.

Visual Studio Code

Microsoft社の無償の統合開発環境. 有名ですので, 知っている方も多いかと思います.

おわりに

Pythonのインストールから初めて最初のプログラムを組むところまでを一通りやってみました. Pythonにはさまざまなパケージがあり,

  • 数値解析
  • 統計処理
  • 画像処理
  • Webサイトの作成
  • exeファイル, appファイルの作成

等多くのことができます. これを機会にぜひ素敵なPythonの世界に触れてみてください.

時間があるときにおすすめの本や勉強法などを紹介したいと思います.

コメント

コメントする

目次
閉じる